戦国画廊

戦国武将イラストブログ。HP戦国画の弟的ブログ、マメに更新目指します。イラストは戦国武将だけじゃないかも。

<< 2011-05- | ARCHIVE-SELECT | 2011-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小松姫は大多喜に!?

イラコン用イラストアップしました。小松姫です。
六文銭と立ち葵の家紋を同時につけているのがミソです。
肖像画だと三つ葉葵になってるけど立ち葵にしました。
でも嫁ぎ先の家紋だけじゃなくて許されたのかな?
小松姫がごり押しした気がするな。

komatsu.jpg

小松姫1573年~1620年 本多忠勝の長女にして、徳川家康の養女、
そしてあの真田幸村が義理の弟という、何とも、回りには誰でも知っている
戦国武将の有名人の名がズラリ。
この時代に生きた女性として、まさに“女傑”の名がふさわしい女性だった様です。
色々とエピソードがありますね。こちらに良いも悪いも載ってます。

戦国ちょっといい話・悪い話

イメージとしてはもっと怖い?イメージの方が合う気がしますが
ここはちょっとやさしい感じで描きました。
かなりの美人だったとの話もありますので、そちらに力を入れて・・・。

ひとつわからないのは、マイナーでローカルな話ですが、
小松姫は本多忠勝が移封され、大多喜に来た時に一緒に大多喜の地を踏んだのでしょうか?
資料によると、真田信之に嫁いだのが1586年、1589年、1590年と諸説ある様ですが
忠勝公が移封され大多喜に来たのは天正18年、1590年なので、どうなんでしょう?
嫁いだのは三河から?大多喜から?どなたかご存知の方、教えてください。

こういう話もありました。民話ですが・・・。
(すみません。ジャンヌさんちょっとお借りしました)

コメント欄にあります。
大多喜観光協会 サポーター

*******************************

---こまつ姫とかぐやご飯(大多喜町の民話)---


大多喜城主本多忠勝様に一人の姫君がいました。
名前をこまつといい忠勝様はたいそう可愛がっていました。
利発な姫君でみんなからたいそう可愛がられすくすく育っていきました。
いつの頃からか「えーい」・「やあー」とお城の庭から元気な
かわいい声が聞こえてくるようになり

「おお、こまつ姫様の声がするぞ。」

「姫様が剣術好きだとはなあ。」

「あの声を聞くと、今日も元気でいるなと安心する。」

と城下の人々はこまつ姫様の話でもちきりでした。
ある日のことです。城下に遊びに出かけた姫様があぜ道を歩いていると

「たいへんだ、狂いジシだ。」

「逃げろ、逃げろ。」

大声を出しながら走ってくる者がいました。大きな猪がものすごい勢いで
駆けてくるではありませんか。

「だれか、こどもを。こどもを。」

畦には竹篭に入った赤ん坊が見えました。
姫は赤ん坊を抱えると母に手渡し、腰の刀を振り上げると猪に一太刀あびせました。
猪は叫び声を上げると近くの竹やぶに逃げ込みました。
姫様もその後を追って竹やぶに飛び込み猪をわなに追い込み、みごとに捕まえました。

姫様は、

「もう大丈夫。心配しなくてもいいよ。」

と村人に優しく声をかけました。

その時竹やぶごしに、姫様に日の光があたり、きらきら輝いて見えました。

「なんてきれいなんだ。本当に輝くように美しいとはこのことだ。」

城下の人々は、この日よりこまつ姫様のことを語り合う時、「かがやく姫様」と
呼ぶようになりました。そして、「かがやく姫様」が人々の口から口へと
語られるうちに、「かぐや姫」と呼ばれるようになったのです。

こまつ姫様は城下の人々から慕われ、信州上田の真田信幸(幸村の兄)との結婚が
決まり大多喜を離れる時には、城下の人々が見送ったということです。
それからここ大多喜では、こまつ姫様のことを忘れないように竹の子をつかった
炊き込みご飯を「かぐやご飯」と呼ぶようになりました。

おしまい

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/e_bunka/bunkajyouhou/minwa/ootaki24.html
(浅井清恵 ふるさと民話さんぽ「広報おおたきNo.427」より)

**********************************

ここでもイノシシ退治で女傑ぶりを発揮していますね。
もののけ姫の少女サンがイメージされたのは私だけでしょうか。

この話は確かに大多喜にいたとき広報誌で読みました。
へえーと思いましたが、あとで調べると年代が合わない。
ホントのところはどうなんでしょう?
どうでもいい人には、どうでもいいことですが(多分ほとんどの人)・・・。
小松姫は大多喜にいたかどうか?ただ知りたいんです。

さて、そんな小松姫もいたかもしれない大多喜城をめぐる、バスツアーが7/2(土)にあります。
企画は戦国デザインブランドのパイオニア「もののふ」さんです。

当日は大多喜だけじゃない、北条氏、里見氏の城趾もめぐります。
北条、里見ファンの方、お城ファンの方、ぜひどうぞ!

詳しくは、こちらでどうぞ。
第八回もののふ戦国バスツアー「房総の城、本多忠勝公の居城をゆく」
スポンサーサイト

| 小松姫 | 03:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

遅ればせながら「戦国楽市」無事終了致しました。ありがとうございました。

うーん。更新が10日に1回ペースとなっとります。
なんか仕事、プライベート含めてバタバタしててなかなか更新ができません。
すみません。

さてさて、おかげさまを持ちまして、好評のうちに新宿マルイワンでの「戦国楽市」無事終了致しました。
梅雨が少し前倒しになり、会期中も雨の日が多い中、来てくださった方、そしてお買い上げ頂きました方、誠にありがとうございました。
今月中に主催のもののふさんよりイベントの報告を頂ける事になっています。どんな反響だったのでしょう。楽しみです。
私も2回程お邪魔しましたが、となりの戦国BASARAのブースの影響でしょうか、女性の方がホントに多かったです。
恐るべし戦国BASARAパワーですね。相乗効果もあり戦国楽市にもお客さんが来て頂け、良かったのではないでしょうか。
このようなイベントや店舗が増えると戦国ファンとして、またクリエイターとしてうれしいですね。
戦国業界の皆様、よろしくお願い致します。

ここで急にお知らせです。戦国楽市を開催してくださったもののふさんが戦国のお城を旅する“もののふバスツアー”を企画されています。
今回はなんと「房総の城、本多忠勝公の居城をゆく」と題しまして、わが郷土の誇り、大多喜城を訪れてくれます。
その他、近隣の城趾や貴重な文化財も訪れる予定とか。興味ある方はぜひ!!!

詳しくはこちらまで↓先着30名までなのでお早めに!
もののふバスツアー

さて、今また、本業の合間をぬって戦国武将イラストを描いております。
コンペです。題材が戦国武将なので検索すれば、あーあれね。という方がいらっしゃるかと。
戦国武将イラストの練習と挑戦のつもりで、こういうコンペにはなるべく参加したいと思ってます。あんまりないけど
ご存知の方、他に何かコンペ情報があったら教えてください。

で、何を描いているかというと・・・。今回は戦国武将、誰でもいいという事なので、もちろん・・・・ですね。
でも、その前に娘さんに登場願いました。またリペイントになりますが、描き込んでますよ。バージョンアップしました(笑)。
投稿したら、こちらでもアップしたいと思います。

完成前にちょこっとアップ。

凛とした目元
小松-1

六文銭の胴
小松-2

脛当てと脇差しには立ち葵が・・・入る予定です。
小松-3


六文銭と立ち葵を同時に身につけられる姫様です。
もうお分かりですね。完成までもうちょっとお待ちください。

| 本多忠勝 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「戦国楽市」開催中!「戦国iPhoneケース展」もやってます。

のっけから間があいてしまいましたね。「やっぱり~」と思われた方、すみません。
はじめましての方、こんな調子です。懲りずにお付き合いください。
以下、鍋之助の宣伝になります。興味のない方、長いんで、すっ飛ばしてください。(笑)

さて、告知がだいぶ遅れてしまいましたが、今、東京は新宿のマルイワンで
戦国ブランド【もののふ】主催の「戦国楽市」が今月の17日まで開催されています。
(まだまだやってますよ!)
詳しくはこちら↓

戦国楽市http://www.sengoku-style.net/

その中の企画で「戦国iPhoneケース展」という公募がありました。
これは応募しなくてはと思い、旧作をリペイントした馬上の本多忠勝公を出しました。
・・・で、なっなんと!最高賞である「正子公也賞」をいただくことができました。
関係者の皆様、誠にありがとうございました。
賞の名に冠されているの正子公也さんは戦国武将、三国志等の歴史イラストの第一人者です。
戦国業界や三国志業界において知らない人はいないと思います。
また絵画のみならず中国の大学で講演したり、映画の衣装を担当したり、ビジュアルコンセプトも担当したりと
マルチの活躍をなさってます。現代の日本を代表する絵巻作家、クリエイターなのです。
私にとっては雲の上の人。そんな凄い方に拙作を見て頂き、そのうえ賞もいただき、暖かいコメントもいただきました。

こちらに正子公也先生の紹介があります。
正子公也先生の紹介
http://www.sengoku-style.net/2011/04/blog-post.html

前置きが長くなりましたが、こちらが受賞作品です!!

postcard_tadakatsu.jpg

今回はやはり、東北、日本の一日でも早い復興を願い、希望の旭日をバックに、“ガンバレ日本”を意識しました。
少しでも前へ!愛馬鬼鹿毛で疾駆する本多忠勝公に、復興に向けての希望の前進を重ねました。
こちらはポストカードとして会場で販売され、その売り上げは被災地の復興支援金として寄付されるそうです。

私、鍋之助めは先週の土曜日にお邪魔して参りました。(アップに時間かかり過ぎ)
会場入口です。さすが大都会新宿。歴女の方が沢山?
P1010063.jpg


会場の入口付近から。おっ奥州筆頭の甲冑レプリカが!!!
ムムム!カッコ良過ぎます。日本の武の美を代表する甲冑ですね。好きです。
P1010061.jpg

P1010057.jpg

お店の中でも女性の割合が高いです。

実は隣で戦国BASARAのブースがありまして、劇場公開記念の限定ショップが開催中なのでした。
戦国BASARAはロボットじゃない本多忠勝公グッズも見てくださーいと叫んでおりました。心の中で(笑)

こちらが、戦国iPhoneケースの展示されている様子です。他の方の方の作品も、
正子先生もおっしゃってましたがホントに力作揃いです。ここでは公募作品だけでなく、
著名な漫画家の方やイラストレーターの方のiPhoneケースも販売されておりました。
iPhoneお持ちの方で戦国好きの方、お気に入りがきっと見つかりますよ!ぜひ、いらしてください。

iphone.jpg

P1010054*


正子公也先生のグッズもあります。写真ヘタですね。すみません。

P1010059.jpg


その他にも正統派戦国グッズというだけあって、デザイン、素材、センス、クオリティ。
どれをとっても素晴しい商品ばかりです。さりげなく、オシャレに戦国を楽しめるアイテムが揃っています。
デザイナー歴25年の私がオススメします。イイんです!カッコイイんです。
この日も「ここの商品センスがいいのよね~」と歴女の方が話しておりました。

普段【もののふ】さんはネットメインで販売されているので、実際に商品を手にして見られるのは
今のところ、期間限定のここマルイワンだけです。会期もあと一週間となりました。
歴士、歴女、レキッズの皆様、ぜひとも足をお運びください。

よろしく、お願い致します。

ちょっと長かったですね。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

| 戦国イベント | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブログの乱、初陣です。

ブログ「戦国画廊」をご覧の皆様、はじめまして。
イラストレーターの福田彰宏と申します。
訪問してくださり、誠にありがとうございます。

こちらのブログはすでに開設しているHP戦国画(左上のリンクボタン)のサブ的ブログです。
本多忠勝公の話題や戦国武将の話(できるのか?)、戦国武将のイラスト中心になると思いますけど、
種々雑多、何でもありで、マメに更新目指します。でも本業が忙しくなったら、
更新をちょっとお休みするかもしれないですけど。あくまでも“目指します”と逃げ道作っときます。
以後、お見知りおきを。

そして、ここではハンドルネームの鍋之助を名乗らせてください。
なぜか?鍋之助といえば戦国通の方でしたらご存知の方も多いと思います。
私は千葉県は大多喜町出身です。ヒントはこの有名な肖像画。・・・バレバレですね。

tadakatsu-kou.jpg

「紙本著色本多忠勝像」
千葉県立中央博物館様よりお借りしてます。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次回の記事は感激ものです・・・私が、ですけど。

| 本多忠勝 | 03:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。