戦国画廊

戦国武将イラストブログ。HP戦国画の弟的ブログ、マメに更新目指します。イラストは戦国武将だけじゃないかも。

<< 2011-09- | ARCHIVE-SELECT | 2011-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

大多喜お城祭り

3ヶ月と10日ぶりのご無沙汰です。お久しぶりです。
本当に時間が経つのが早くて。特にここ最近。もう10月になってしまいました。

昔、ある年配の方が言っていたことを思い出しました。
1年の時間的感覚が50代で9ヶ月ぐらい、60代で半年ぐらい、70代で3ヶ月ぐらいに短く感じると。
確かにと思いました。年々1年が経つのが早くなってます。(早くなってるように感じます。)
もうあと3ヶ月もしたら今年も終わりですね。

また更新を同じくらい休んだら年が明けてしまいますね。ハハハ・・・。(^▽^;)
tadakatu-mikuniguro-siro-11.jpg



さて、突然ですが我が故郷、本多忠勝公が最初の城持ちになった地、大多喜で一番のイベント
“お城祭り”が開催されます。ここで、簡単にお城祭りの説明をば。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明治4年(1871年)7月、廃藩置県とともに大多喜城は廃城となり、城内の建造物はすべて破却されました。
昭和41年5月、県史跡「上総大多喜城本丸跡」として指定され、昭和50年9月、
大多喜城(現・県立中央博物館大多喜城分館)が建設されたのを記念し、当時をしのんで毎年お城まつりが開催されています。
徳川四天王の1人であります本多忠勝侯一行に扮(ふん)した武者行列やみこしの渡御が城下町に繰り出します。
メイン会場(大多喜小学校)では、保育園児による町のイメージソング「花盛りの町大多喜」の曲目に合わせた
ほほえましいダンスの発表、友好交流都市の東京都荒川区から参加の荒川区天王太鼓による和太鼓実演などが行われます。
また、サブ会場(大多喜城)および商い資料館では、琴の演奏やお茶会も開かれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、記事は大多喜町オフィシャルサイトよりお借りしました。

お城祭りの詳しい情報はこちらへどうぞ
大多喜町オフィシャルサイト

お城祭りを含めた周辺の情報はこちら
大多喜町観光協会 サポーター

実は明日からなんです。前日に告知してどうすんだ!と言われそうですが、
連休は天気が良さそうだし、予定が未だ決まってない方、今話題のいすみ鉄道を使ってぜひ、いらしてください。
季節もサイコー!田舎の空気は美味しいですよ!

お城祭り記念でオリジナルイラストもアップしときます。

忠勝公
言わずと知れた本多忠勝公、お城祭りの主役です。

忠朝公
大多喜2代藩主本多忠朝公(忠勝公次男)関ケ原での初陣。お城祭りの準主役です。
スポンサーサイト

| 戦国イベント | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。