戦国画廊

戦国武将イラストブログ。HP戦国画の弟的ブログ、マメに更新目指します。イラストは戦国武将だけじゃないかも。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小松姫は大多喜に!?

イラコン用イラストアップしました。小松姫です。
六文銭と立ち葵の家紋を同時につけているのがミソです。
肖像画だと三つ葉葵になってるけど立ち葵にしました。
でも嫁ぎ先の家紋だけじゃなくて許されたのかな?
小松姫がごり押しした気がするな。

komatsu.jpg

小松姫1573年~1620年 本多忠勝の長女にして、徳川家康の養女、
そしてあの真田幸村が義理の弟という、何とも、回りには誰でも知っている
戦国武将の有名人の名がズラリ。
この時代に生きた女性として、まさに“女傑”の名がふさわしい女性だった様です。
色々とエピソードがありますね。こちらに良いも悪いも載ってます。

戦国ちょっといい話・悪い話

イメージとしてはもっと怖い?イメージの方が合う気がしますが
ここはちょっとやさしい感じで描きました。
かなりの美人だったとの話もありますので、そちらに力を入れて・・・。

ひとつわからないのは、マイナーでローカルな話ですが、
小松姫は本多忠勝が移封され、大多喜に来た時に一緒に大多喜の地を踏んだのでしょうか?
資料によると、真田信之に嫁いだのが1586年、1589年、1590年と諸説ある様ですが
忠勝公が移封され大多喜に来たのは天正18年、1590年なので、どうなんでしょう?
嫁いだのは三河から?大多喜から?どなたかご存知の方、教えてください。

こういう話もありました。民話ですが・・・。
(すみません。ジャンヌさんちょっとお借りしました)

コメント欄にあります。
大多喜観光協会 サポーター

*******************************

---こまつ姫とかぐやご飯(大多喜町の民話)---


大多喜城主本多忠勝様に一人の姫君がいました。
名前をこまつといい忠勝様はたいそう可愛がっていました。
利発な姫君でみんなからたいそう可愛がられすくすく育っていきました。
いつの頃からか「えーい」・「やあー」とお城の庭から元気な
かわいい声が聞こえてくるようになり

「おお、こまつ姫様の声がするぞ。」

「姫様が剣術好きだとはなあ。」

「あの声を聞くと、今日も元気でいるなと安心する。」

と城下の人々はこまつ姫様の話でもちきりでした。
ある日のことです。城下に遊びに出かけた姫様があぜ道を歩いていると

「たいへんだ、狂いジシだ。」

「逃げろ、逃げろ。」

大声を出しながら走ってくる者がいました。大きな猪がものすごい勢いで
駆けてくるではありませんか。

「だれか、こどもを。こどもを。」

畦には竹篭に入った赤ん坊が見えました。
姫は赤ん坊を抱えると母に手渡し、腰の刀を振り上げると猪に一太刀あびせました。
猪は叫び声を上げると近くの竹やぶに逃げ込みました。
姫様もその後を追って竹やぶに飛び込み猪をわなに追い込み、みごとに捕まえました。

姫様は、

「もう大丈夫。心配しなくてもいいよ。」

と村人に優しく声をかけました。

その時竹やぶごしに、姫様に日の光があたり、きらきら輝いて見えました。

「なんてきれいなんだ。本当に輝くように美しいとはこのことだ。」

城下の人々は、この日よりこまつ姫様のことを語り合う時、「かがやく姫様」と
呼ぶようになりました。そして、「かがやく姫様」が人々の口から口へと
語られるうちに、「かぐや姫」と呼ばれるようになったのです。

こまつ姫様は城下の人々から慕われ、信州上田の真田信幸(幸村の兄)との結婚が
決まり大多喜を離れる時には、城下の人々が見送ったということです。
それからここ大多喜では、こまつ姫様のことを忘れないように竹の子をつかった
炊き込みご飯を「かぐやご飯」と呼ぶようになりました。

おしまい

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/e_bunka/bunkajyouhou/minwa/ootaki24.html
(浅井清恵 ふるさと民話さんぽ「広報おおたきNo.427」より)

**********************************

ここでもイノシシ退治で女傑ぶりを発揮していますね。
もののけ姫の少女サンがイメージされたのは私だけでしょうか。

この話は確かに大多喜にいたとき広報誌で読みました。
へえーと思いましたが、あとで調べると年代が合わない。
ホントのところはどうなんでしょう?
どうでもいい人には、どうでもいいことですが(多分ほとんどの人)・・・。
小松姫は大多喜にいたかどうか?ただ知りたいんです。

さて、そんな小松姫もいたかもしれない大多喜城をめぐる、バスツアーが7/2(土)にあります。
企画は戦国デザインブランドのパイオニア「もののふ」さんです。

当日は大多喜だけじゃない、北条氏、里見氏の城趾もめぐります。
北条、里見ファンの方、お城ファンの方、ぜひどうぞ!

詳しくは、こちらでどうぞ。
第八回もののふ戦国バスツアー「房総の城、本多忠勝公の居城をゆく」
スポンサーサイト

| 小松姫 | 03:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

疑問ですね~。

こちらにははじめまして。

美しい小松姫ですね~。
さて、その質問ですが、久我原さんも大多喜の地は踏んでいないのではないかと考えていらっしゃるようです。

さて、久しぶりの久我原さんの小説が届きましたので、近日UP予定です。またまたお借りさせていただきます。


久我原さんから

>番外編の「小松の嫁入り」も進んでいますので、次回はこちらも投稿します(2011・09・12)

>ところで、なかなか情報をつかめないことですが、忠朝の幼名は何と言ったんでしょうね。忠朝と言う名前はおそらく、成長してからつけられた名前子供時代の呼び名があったと思うのです。例えば、忠勝が鍋之介と呼ばれていたように。情報があったら教えて下さい。


もしわかりましたら、教えてください。

またしても、疑問の追い打ち、お許しください・・・(*o☆)\バキッ

| ジャンヌ | 2011/09/14 00:20 | URL |

こちらにてはじめまして。

ジャンヌさん。
こんにちは。コメントありがとうございます。
頂いたコメントは管理者が承認しないと表示されないんですね。
恥ずかしながら、今日気づきました(^▽^;)

そうなんです。小松姫の件、時代がちょっとずれているような・・・。
でも、大多喜にいた事にしましょう。忠勝公、忠朝公、小松姫の3方で
大多喜を盛り上げていただきたい!ポストカードの件もあるし(^▽^;)

| 鍋之助 | 2011/10/07 19:05 | URL | >> EDIT

本多氏は、徳川の女系子孫なので、江戸時代に持ち上げられていたのは、有馬氏に嫁いだ本多忠政女でしたが、明治維新で徳川が朝敵になり、本多氏は新政府についたため、徳川と縁を切ったことを証明する意図から、徳川の敵に嫁いだ小松姫が、持ち上げられるようになったと思います。
つまり、大多喜における小松姫の伝承は、明治以降に創作されたものだと言えるでしょう。

| 梨佳 | 2012/07/15 10:02 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://sengokugarou.blog.fc2.com/tb.php/6-daa8903e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。